教習日記

関連情報:さいたま市

さいたま市岩槻区のペーパードライバー講習です。

2021年06月13日
さいたま市岩槻区のペーパードライバー講習です。
普段から愛車(フィアット500)を運転している岩槻のお客様でしたが、高速道路特に首都高速が怖くて運転できそうにもないので、相談してこられました。首都高速を使ってレインボーブリッジを見たいとのことでしたので、岩槻ICから東北自動車道に乗りレインボーブリッジを目指しました。高速に乗って始めのうちはちょっと怖いようでしたが、時速80キロでゆっくり行きましょうと声をかけ、危ない時はまずスピードを落とすことを確認しながら走っていると、次第に慣れて運転を楽しんでいるようでした。首都高速に入り、江北JCTを左に進み小菅JCTを直進し、堀切JCTを右に曲がっていくとスカイツリーや荒川の流れ、都会のビルディングが美しく目に飛び込んできます。一気に華やかな世界に入り込み、首都高の怖さも忘れ楽しく6号線から9号線へと進むと、すぐに有明・台場そしてレインボーブリッジとあっけなく到着してしましました。芝浦のPAで休もうと考えていたのですが通り過ぎてしまい、そのまま芝公園を通り都心へと向かい、霞が関や早稲田を通って首都高を約半周して帰ってきました。3時間あれば十分でしたので、最後にはガソリンを入れタイヤの空気圧やらウインドウウォッシャー液を補充し、車を綺麗にして戻って来ました。

さいたま市大宮区のペーパードライバー講習です。

2021年06月09日

さいたま市大宮区で待ち合わせのペーパードライバー歴15年の男性。
3時限・1日集中コース
仕事で1年程前にこちらに来られた方ですが仕事で移動する際に今迄は電車でしたがこちらでは1時間に2、3本くらいのため自動車で職場に向かった方が良いと思い今回依頼しました。ご希望はバックで駐車がうまくいかないとのことでバックを中心に教習しました。まず近くのスーパーマーケットに行って駐車場に入ったらとても混雑しており、停める駐車場もないため、国道沿いのいの公園に行ってバックの練習をしました。

初めに運転席側を軸にバックして自己流で停めて貰った後、左側ミラーを見てなかったので左側ミラーも見て左右白線内の車のボディとの間隔を同じと判断してハンドルを真っ直ぐに直す方法で下がって貰いました。運転席側が間隔広めになったらそちらにハンドルを回して狭くするのですが回し出すと回しすぎるくらい回すので回し過ぎですとお伝えしてよく鏡を見て回す量を調整することも大事と指導しました。別なスーパーマーケットに行ってバックで停める練習と隣の車にさらに近づけて停める練習をしました。また少し走ってからコンビニエンスストアの駐車場でまたバックして停める練習をしました。ここは駐車場の真ん中に段差があり乗り越えるようにアクセルを踏まないと後退しないですし、踏み過ぎると後ろの車にぶつかりそうになりました。時間が近づき駅に戻って終了しました。今回はありがとうございました、役に立ちますと仰ってくださいました。

さいたま市のペーパードライバー講習です。

2021年05月22日

さいたま市在住ペーパードライバー歴9年の男性。

1回目
雨の降る中自動車の操作法等説明してからゆっくり自宅の周りを走りました。細い曲がった道や対向車も来る中緊張しますと言いながら思ったほどでない状態で運転出来ていました。途中細い道を入っていった先は行き止まりでしたのでバックギアに入れて20メートル程下がり右側にウィンカーを出して右折出来ました。さらに右左折したり、二車線の道路を走って車線を変更する練習を行いました。行って見たい場所としてKOMERIに向かいました。ここでバックにて止めて貰いましたが運転席側の方しか見ていないため、右に寄りすぎて、なかなか上手く駐車場に入らない様子でした。左側横ミラーをあまり見てないからか、運転席を意識しすぎたせいなのか?左側は広くなってしまいました。そのため、最初に曲げ下がる側の白線をミラーに映るように停めてその白線を目標にバックで下がると反対側のミラーにも白線が映りますのでその両方の白線の真ん中に車のボディが移動するようにさらにハンドルを操作して下がると良いですとお伝えして2回ほど行なった後、自宅に戻り終了致しました。少し運転することに慣れて来ましたとの感想を聞かせて貰えました。

2回目
細い道路を抜けて近くのKOMERIに行ってバックで駐車の練習をしました。運転席に寄り過ぎて白線に乗ってしまいましたので一度前進してからハンドルを左側に回した後また右に回して並行になったかどうかを確認してタイア止めまで下がって終わりました。次に公園にナビ設定して向かいましたが途中から雨がだんだん強くなりましたが目的地に到着してから細い道を入って一周後、駐車場に入ってからバックで駐車しました。この時も運転席側に寄りました。一度前進後下がって入れ直してから自宅方面に戻って近くのファミリーレストランの駐車場にてバックで停めました。前進して、前側の駐車場に一度前進して入れた後、元いた場所にバックで下がって停める練習を場所を変えて入れてみましたが運転席側に寄り一度前に出てから横ミラーで両方の白線の真ん中に下がるようにハンドルを回し乍ら並行になるよう下がりました。この時白線を両方見ながらは大変ですので助手席側のミラーは左右の間隔が同じになるまでで良いことをお伝えし後は運転席側のミラー又は目視で並行になることだけに集中して停めて頂きました。時間になり自宅に戻って終了しました。

3回目
美薗のイオンに向かいました。途中左側車線にいたのですが車線減少により右側にウィンカーを出して右車線に車線変更しました。本人は気が付かずに右側には入れなかった場合どうするのか?と聞いて来られたので先にある情報をなるべく早く分かるために常に先を見ていることが大切だとお伝えしました。細い道を入ってさらに左に行きました。そして公園に出てからまた駐車場に入ってバックで停める練習を行いました。運転席のミラーに停める駐車場の白線が見えたらそれを見ながら近づくようにハンドルを右に回しながらバックしました。右側にある他車に近づきすぎたのでバックギヤに入れたままハンドルを左側に回して左右の間隔が同じくらいになったら改めて右に回し白線と並行になったらタイアの向きを真っ直ぐになるように調整しました。別な近づき方で2回ほど行い時間になりますので自宅に戻り終了しました。今回で3回目ですが近いうちに自家用車を購入する可能性があり、その際にその車で講習を受けるかも知れないため、今回最初に依頼した7回を5回に変更して良いですか?と言われ大丈夫ですとお伝えが致しました。

4回目
アパートの駐車場にバックで停める練習しました。隣の車に寄りがちなので一度前進してから下がる際に左右のミラー見て同間隔にするようにハンドルで調整して下がると良いとお伝えしました。その後、大型スーパーマーケットに併設されているガソリンスタンドに行って入り、どちらにガソリン給油口があるかをインストメントパネルを見てわかることをお伝えしてガソリン入れてから敷地内奥の方に移動後バックで停める練習を行いました。その後、裏道を通って大型ホームセンターに向かいそこでもバックギヤに入れで駐車の練習を実施しました。やはりどちらかに寄りがちでそのような時には広い方にハンドルを回して左右均等にすることを考えてくださいとお伝えします。その後、さいたま市浦和区役所に入り、ここでは左折後、アクセルを踏みながらハンドルを握った手のひらを緩めるとクルクルと戻ることを学んで貰いました。その後、公園を右に見ながら左折して駐車場に入りまた駐車場にてバックで駐車の練習を行いました。助手席側に下がる時は左が狭くなりましたので反対にハンドルを回して白線と並行になって来たらタイヤを真っ直ぐにするのですがタイアが戻らないうちにバックしてしまうので車前面がどちらかに向いてしまうことが多かったのですがハンドルはバックで下がりつつ、タイヤドメに当たる前までに真っ直ぐにしていくと良いことをお伝えして終了しました。あと、左折の時はかなり前から減速してしまうのでブレーキ等減速を遅らせることが滑らかな交通の流れを保つことをお伝えしました。

5回目
浦和インターに向かい高速道路に乗ってPAに一度入ってまた合流して次のPAに入った後、また合流してSAまで追い越ししたり、車線変更したりする練習を行った後、岩槻インターで降りて一般道を走って、自宅の駐車場に戻って来てバックで停める時に少しハンドルを回す回転数が少ないので沢山回しながら後ろに下がる速度はもっとゆっくりにすることが大切ですと再度お伝えして終了致しました。今回はこれで終わりですがもし車を購入したらまたお願いしますと依頼されました。完全には不安は無くなってないようでした。

さいたま市 緑区のペーパードライバー講習です。

2021年05月19日

さいたま市緑区のペーパードライバー講習です。

この度車を購入されて、昨日届いた真新しい車が駐車場に置かれていました。「何とか乗れるようになりたい!」との強い思いがありましたので、先ずは教習車で様子を見てすぐに乗り換えてみましょうと話して教習スタート。近くのスーパーでゆっくりと前進のみの練習。初めはほとんどアクセルを踏むことができず、クリープ現象のみで何周かしました。これでは時間内に外に出られないと思い、アクセルを踏んでスピードを出す練習をしました。すると、「アクセルを踏んだ方が走りが安定するんですね。」と言い、怖がらすにスピードを出し始めました。そこからは、運転も滑らかになりましたので、車を乗り換えて街中に出ていきました。大宮から美薗のイオンに行き立体駐車場を昇り降りし、屋上で雨の中駐車の練習をし、バックでの駐車の感覚を何とか掴んだところでタイムアップ。アパートに戻って駐車場にスッキリと入れて終了となりました。3時間で全く別人のように運転を楽しむようになってしまいました。梅雨に入っても、買い物に車で行けるからいいねと大喜びでした。

さいたま市のペーパードライバー講習はペーパードライバープラスで。

2021年05月17日

今回の教習レポートは、埼玉県さいたま市にお住まいのペーパードライバー暦1年の女性の方です。

 出張先でレンタカーを運転できるようになりたいとのご希望で、お申込みを頂きました。

 

先ずは、ご近所の一般道を走行して頂きました。走行位置、曲がり方、ブレーキングなど、とても

上手にこなしていました。

 

次に、広いスペースの駐車場まで向かい、そこで駐車練習をして頂きました。斜め45度の首振り
までは上手くいくのですが、ハンドルを微調整しながらバックでフィニッシュするのに結構苦労され
ていたようでした。そこで、バックしながら車の位置を調整するのではなく、前進に切り替えて、
前に出ながら車の位置を車室に合せた上でバックするよう、アドバイスしました。その後は、
かなり上手に駐車できるようになりました。
一発で決める必要はなく、車室に合せた位置決めがスムーズにできれば、1回程度、切り返し
てもまったく問題ありません。もう少し練習すれば、もっと上手に駐車できるようになるでしょう。
埼玉県のペーパードライバープラスをよろしくお願いします。

さいたま市のペーパードライバー講習はプラスでどうぞ。

2021年05月03日

4月からさいたま市の某医大にお勤めの若々しいペーパードライバーのお客様。

駐車が苦手で、左後ろをこすったりしてしまうことがあり、教習所でも教官に強く注意されることがあったということで、運転に対して苦手意識を持たれていました。近くの広い駐車場で運転をし始めてみると、本人が言うほど危ないところもなく運転は比較的滑らかで、ただ車幅感覚がしっかりしていないのでゆっくり動かしましょうと告げ、繰り返しハンドルを切るタイミングを確認しました。ポイントがわかってきたので、本人の車に乗り換え自宅の駐車場に入れてみると、練習通り上手く入るようになりました。二日目は、高速で佐野に向かい佐野ラーメンと餃子ををお昼に食べに行ってきました。高速も乗れるようになり、少し遠いところに出かけてみたいと楽しそうに言っていました。

大宮区のペーパードライバープラスをよろしくお願いします。

2021年04月30日

 今回のペーパードライバー講習はさいたま市大宮区におあ住いの30代の方です

大宮区にに到着しました。大宮駅周辺はとても混雑していたので、駅前商業施設の立体駐車場の屋上までお連れして、そこで運転を交代しました。上地様は、今度営業職に戻られるとのことで、そのため車の練習をされるとのことでした。乗り始めこそ緊張した様子でしたが、10分もすると、昔営業で車をかなり運転していたとのことで、滑らかな運転ぶりでした。学生時代にアルバイトをしていたという美薗へ行こうということになり、浦和に向かいましたが、かなり渋滞していて途中で断念せざるを得ないことになりました。しかし、私にとっても懐かしい新座や清瀬といった看板を見て、お互い昔話に花の咲く楽しいドライブになりました。駐車も問題なく無事に終了しました。

大宮のペーパードライバーの方はペーパードライバープラスで。

大宮のペーパードライバー講習はプラスでそうぞ。

2021年04月28日

大宮駅で待ち合わせのペーパードライバー歴8年の女性。

全く運転をしてないのでとても不安とのことですが取り敢えず運転して頂きました。

何処か行きたいところは?との問いに北戸田のイオンとのことでナビゲーションを設定して向かいました。

立体駐車場の中でバックで停める練習を行い、屋上付近で左折右折のハンドルの回し方を練習しました。また戻りながら駐車場に入って停めにくい場所を選んでバックして停めて貰いました。

修正するために一度前進した際にハンドルを真っ直ぐにしてから下がるやり方がとても良かったと思います。北口に戻り終了致しました。

だんだんと慣れてどちらかと言えば楽しいと仰って頂けました。

2回目
大宮駅で待ち合わせして高速道路に乗ってみたいですとのこと。浦和インターから乗り、岩槻に行くことになりインターでチケットを取るために右に寄ってくださいと言ったのですが少し左気味だったため、シートベルトを外して、さらに身を乗り出さないと取れない感じでした。シートベルトを装着していわき方面にハンドルを向けて走りました。暫く行くと右側にオレンジ色のポールが見えるのでその横だ右側ウィンカーを出し右側ミラーで右側後方から来る車を確認してなければゆっくりハンドルを右に回して走行車線に入りました。80㌔を維持しながら走りました。教習所以来高速道路は運転久しぶりとのことでしたので高速道路を味わって頂き岩槻で降りる前に少しアクセルを踏み込んで右側車線に移ったりまた左側ウィンカー出して戻ったりして高速道路を降りました。下道に入り、あとは生徒さんの行きたい方に行ってくださいねとお伝えして大宮区に向かいました。途中左側の白いガードレールに接触しそうになり補助ハンドルで修正しましたが左の白線より左に入りがちでしたので左側白線より左に入らないようにしましょうとお伝えしました。またカーブを半分ほど曲がったらブレーキをいつまでも踏んでないでアクセルを踏みましょうとお伝えして、ミニストップに入りバックで駐車の練習を行いましたが急ぐとハンドルを反対に回してしまう傾向がある様子でした。大宮区に戻ってから弘道館の駐車場に寄ってバックで駐車の練習を行い、ハンドルをやはり反対に回していましたが斜め前に行ってもらった後、また斜め右後ろにバックで入る練習をしてどちらに回すのかわかった気がすると仰って頂き大宮駅に戻りました。かなり運転に不安がなくなりましたとのことで終了致しました

さいたま市 大宮区のペーパードライバー講習です。

2021年04月26日

さいたま市 大宮区のペーパードライバー講習です。

1回目
さいたま市大宮駅で待ち合わせしたペーパードライバー歴15年の男性。転職でこちらに昨日引っ越して来た方。自家用車を購入したので来たらその車で講習を受けるとのこと。
今迄運転はしていなかったが勤務先に通勤するために自家用車で行きたいとのことで依頼されたそうです。行ってみたいところにさいたま市役所と言うことでナビゲーションを設定し向かいました。

前進するには慣れているように感じましたが先週、他のスクールででペーパードライバー講習を2時間受けて来たそうでしたが、指導員の態度が悪いためこちらに乗り換えたそうです。セイユーに行ってからジョイフル本田の駐車場でバックの練習を行いました。また桂馬の動きを真似て前進、後退を繰り返して何となく理解されて来たので終了致しました。今回9時限コースを 6時限コースに変更しても大丈夫そうとのことでそう致しました。

2回目
さいたま市大宮駅で待ち合わせして職場に行って見たいとのご希望で指扇駅にナビゲーションを設定して向かいました。国道を北上して30分くらいで到着したのですがまた職場は少し違う場所のため再設定して横を通り過ぎてまた東大宮に向かい、途中コンビニエンスストアの駐車場で前から突っ込みバックでフロント部分を道路に向くように後ろに下がって出ました。上尾に入ってから焼肉屋の駐車場でもう一度前から入れてバックで出る練習を行った後、自宅アパートの駐車場にバックで停める練習を実施致しました。少し段差がある駐車場で入るコツが必要でしたが勢いをつけてバックすると上手く入るので大丈夫でした。次は自家用車が明日届くのでその車で教習予定です。

3回目
今回、自家用車で職場までナビゲーションを設定して向かいました。国道を走って行き途中県道に沿いながら向かいましたが特に問題なく到着しました。そこでバックで駐車の練習を行いました。回り込む側のサイドミラーに停めたい駐車場の白線を見ながらバックして下がりましたがハンドルを回し不足のため反対側に寄りすぎたりしましたのでもっとハンドルを回してくださいとお伝えして何度か下がる練習を行い、帰る途中に高速道路も走ることになり、浦和インターから乗って岩槻インターまで走り、その途中、合流の練習を2回ほど行ないました。自宅の駐車場に停める練習を行い、左側に寄って隣の車に近づきすぎのため、ハンドルを右にもっと回して左右のバランスを取りましょうとお伝えして上手く停まりました。料金は振り込みでしょうか?とのことで現金をお願いしますとお伝えし、コンビニエンスストアに行って下ろしてもらい終了致しました。

埼玉県 さいたま市中央区のペーパードライバー講習はプラスでどうぞ。

2021年04月06日
今回、三時間一日集中コースを受講されましたのは韓国で15年前に運転免許を取得され、5年程前に日本に移られました さいたま市中央区にお住いの男性の方です。
 
韓国では交通量の多い大都市部の中心街も無難に運転されていたそうですが日本での下記の様な異なる交通法規・道路環境に当惑しこれまでハンドルを握ることをためらわれていらっしゃいました。
〈韓国の日本とは異なる交通ルール・道路環境 例〉
①車両は、左ハンドル、車線は右側通行
②左矢印表示がある信号は、矢印表示時のみ左折可
③交差点での右折は、一部の例外を除き常時右折可
④信号の点灯順番(色が変わる順番)が日本と異なる
まず教習初めは、日本の左側通行に慣れて頂く為に交通量の少ない さいたま市東部の田園地帯に車を進めました。
勝手が違う慣れない左側走行に当初は緊張の面持ちでしたが、普段奥様の運転で助手席に同乗されることもあり徐々に慣れたご様子でした。
その後、一番不安を覚える交差点での左折・右折を農道等で繰り返した後、次第に道幅の広い大通りから複数車線の国道・バイパスへと向かいました。
さすがに車両も多く高速で行きかうバイパスでの右折はタイミングを掴み切れず汗をも滲ませる場面もありましたが元々運転技量には問題なく韓国で運転されていただけに交通ルールの違いもすこしずつ克服され、大きな交差点での右左折を重ねるうちに安全に配慮した手順を身に付けられていきました。
教習終了後には『不安は まだまだありますが家内のサポートを得ながら安全第一でまずは近隣の運転から慣れていきたいと思います』とおっしゃって頂きました。